自律神経

ローヤルゼリーで自律神経を整える

〈自律神経とはなにか?〉
ローヤルゼリーは自律神経の働きを改善すると言われています。
では自律神経とは具体的にはどのようなものを指すのでしょうか? 
自律神経は私たちの体内に張り巡らされた末梢神経のうち、呼吸、発汗、消化、代謝、内分泌機能、生殖機能など、生命の維持に欠かせない役目を持つ神経を指します。
命に関わる生体活動を支える神経ですから、意志の力でコントロールすることの難しい『不随意』な神経です。
自律神経は『交感神経』と『副交感神経』の二つの神経系から成り立っています。交感神経は、一口に言えば緊張したり激しい運動を行っている際に働き、副交感神経は休息、リラックス時や睡眠時に働く神経だということがわかっています。

〈自律神経の不調を改善するローヤルゼリー〉
こうした重要な役目を持つ自律神経ですから、それが乱れるとめまい、耳鳴り、立ちくらみや、肩凝り、頭痛、不眠、過呼吸、下痢など、様々な不快な症状をもたらします。
不随意な神経であるがゆえに、これらの症状を意志の力(気力)で抑えることは難しく、そのため、自律神経の不調は私たちに大きな悩みをもたらします。
また女性更年期によく見られる急な発汗と灼熱感(ヒートスポット)なども自律神経の不調が原因と考えられています。
そしてこれら不快な症状は、加齢によるホルモンバランスの崩れと、神経そのものの昂ぶりや疲労という二つの理由が考えられます。
また気になるローヤルゼリーがもつアレルギーについても参考にご覧ください。

ローヤルゼリーは女性ホルモンである『エストロゲン』に似た働きを持つため、ホルモンのアンバランスを調整して更年期特有の症状を和らげます。
またアセチルコリンと呼ばれる成分で神経刺激の伝達を活発、円滑化することで、自分でも理由のわからないイライラなどの興奮状態を沈静化します。
先に述べた過呼吸やヒートスポットが改善するのはそのためです。

〈二つの効き目で自律神経を健やかに保つ〉
このようにローヤルゼリーはホルモンに似た働きと神経に直接働きかける成分の両輪で、自律神経を健やかに保っていくのです。
また気になるローヤルゼリーの副作用についても参考にご覧ください。