自律神経

ローヤルゼリーの栄養サポート力

〈ローヤルゼリーって何からできてるの?〉
ローヤルゼリーは働き蜂によって集められた花粉や花の蜜を原料に作られます。これらを食べた働き蜂が体内で分解、合成し、将来女王蜂となる幼虫に与える乳白色の物資です。そのため、女王のためのミルクなどとも呼ばれています。
その成分は具体的には67%の水と11%の単糖、5%のデセン酸(脂肪酸の一種)、12%少々の各種アミノ酸、葉酸、酵素、ビタミンCなどと言われています。
これらの成分のうち、ローヤルゼリーが発揮する効能の大きな割合を占めるのがデセン酸です。

〈デセン酸と並ぶ特有成分『ロイヤラクチン』〉
こうした成分のうち、デセン酸と並んでローヤルゼリーに特有な成分に『ロイヤラクチン』と呼ばれるタンパク質の一種があります。
『王室』や『王宮』を意味するその名前からも想像できるように、このタンパク質は幼虫を女王蜂へと成長させる、言わば『女王蜂の素』です。
このロイヤラクチンを始め、ローヤルゼリーには良質のタンパク質が集まっており、そのアミノ酸値は鶏卵と同程度と言われています。
また、ローヤルゼリーの歴史についての記事も興味深いです。

こうした成分がもたらすサポート力は、解明途中で未知の部分もたくさんあります。
ですが、ある程度のコレステロール低下作用や、免疫調整作用、脳や神経幹細胞の成長刺激作用などの効果は徐々に解明されつつあります。
仮にこうした科学データがなかったとしても、2400年もの昔から人間がローヤルゼリーを利用し続けてきた歴史を振り返れば、そこに多くの恩恵があったことは確かです。

〈特に女性に嬉しいサポート力とは?〉
性別を問わず効果のあるローヤルゼリーですが、特に女性にとって恩恵をもたらす部分があります。
それは骨の密度が低下して骨折しやすくなってしまったり、関節が変形する原因となる骨粗鬆症を防ぐ効果です。
これはローヤルゼリーが女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きを持つためで、更年期以降のホルモン不足が引き金とみなされる骨粗鬆症を改善することが実証されています。
またこちらのローヤルゼリーの体験談についても参考にご覧ください。