自律神経

ローヤルゼリーが注目される理由

〈2400年前から利用されてきた信頼性ある成分〉
『ローヤルゼリー』という呼び名が使われるようになったのは、今から200年ほど前のことですが、利用そのものは2400年も昔の、アリストテレスの時代から行われていました。
その時代の人々は、この優れた効能を持つ物質が固まって女王蜂になるのだと考えていました。
健康と美容に効く栄養素として、ローヤルゼリーが大きな注目を集めるのは、こうした歴史に培われた信頼性のある食品だからだと言えます。

〈歴史が実感してきた数多くの効能〉
古くから利用されてきたローヤルゼリーですが、その効能は決して迷信やプラシーボ(効き目があると思い込むことで、科学的には実証されない治療、症状軽減効果が出ること)ではなく、多くの実験結果に裏付けられた確固たる効能があります。

その一つは優れた『抗菌作用』です。
これはもう一つの効能である『免疫力の強化作用』と合わさって、癌にも効くという実験結果も出ています。
また女性ホルモンに似た働きをすることで、女性更年期特有の不快な症状を和らげる効能は多くの人々が実感しています。
更には脂肪量をコントロールすることによる肥満防止作用や、神経に対する情報伝達物質であるアセチルコリンの働きによる中枢神経を刺激、活発化させる効果など、過去の人々が実感してきた効能の多くが、科学、医学・薬学の進歩によって実証され、その都度、ローヤルゼリーは新たな注目を集めているのです。
またこちらの生ローヤルゼリーについての記事も参考にご覧ください。

〈天然成分であるという安心感〉
ローヤルゼリーは天然由来成分だということ、これも時代を超えて注目を集める大きな理由です。
食品として、あるいは直接肌に付ける化粧品や美容製品として、天然成分であるということは大きな安心感をもたらします。
科学的に合成された薬品や美容アイテムがどんなに増えようとも、ローヤルゼリーが人々の注目を浴び続けるのは、こうした安心感があるからで、誰もが気軽に利用できる環境が作られています。
またローヤルゼリーの購入方法についても参考にご覧ください。