自律神経

ローヤルゼリーで40歳からの健康維持

〈生活習慣病や更年期障害のリスクに備えよう〉
40歳頃から私たちを悩ませる生活習慣病や更年期障害、その原因は代謝の衰えやホルモンの減少が大きいと言われています。
ローヤルゼリーはインシュリンに似た作用で血糖値を下げて糖尿病を予防し、脂肪量をコントロールしてコレステロールの蓄積が引き金となる生活習慣病のリスクを減らし、また女性ホルモンのエストロゲンに似た成分によって更年期の不快な症状を和らげるなどの効果をもたらします。

〈加齢からくる美容上の悩み、神経の不調も軽減〉
特に女性にとっては、加齢が原因となる容姿の衰えも大きな悩みです。
ローヤルゼリーは服用によって内的な健康維持に役立つだけでなく、石鹸や美容クリームに配合されれば強力な保湿効果を発揮して乾燥による肌のトラブルもケアします。

またローヤルゼリーはアセチルコリンと呼ばれる成分の働きで、自律神経を刺激してその働きを円滑化させ、頭痛や不眠、イライラ、過呼吸など、神経に関わる不調も改善する働きがあります。
社会的にも家庭的にも責任が重くのしかかり、ストレスの増えてくる世代だからこそ、40歳からローヤルゼリーを試す価値があります。

〈まさに自然が生んだ万能薬〉
服用しても、直接肌につけても効果のあるローヤルゼリーは自然が生んだ万能薬とも言われ、人類とのつきあいは2000年かそれ以上の昔からだと言われています。
一部の熊や猛禽が蜂蜜や幼虫を食料とするように、私たちの遠い祖先も、ローヤルゼリーの持つ力を本能的に利用していたのではないでしょうか。
近年の研究では、ローヤルゼリーの誇る高い抗菌作用が癌にも効くらしいことがわかってきました。
今後、ローヤルゼリーの持つ抗菌力が、更なる難病を克服する切り札となる日が来るかも知れません。
このように多くの効能と更なる可能性を秘めたローヤルゼリー、自分に合った製品や利用法を見つけ、美容と健康に役立てていって健康的な生活を送っていきましょう。