自律神経

ローヤルゼリーの品質を確認するには

〈大きく三つに分けられるローヤルゼリーの種類〉
ローヤルゼリーを用いた健康食品は、その製法によって大きく『生タイプ』『乾燥タイプ』『調製タイプ』の三つに分けられます。
食品である以上、鮮度が高いものが良く、どのタイプのローヤルゼリーも、鮮度を保つための様々な工夫が凝らされており、それぞれの製品にメリットがあります。

〈なぜ鮮度にこだわるのか?〉
鮮度の良い――つまり採取からできるだけ短時間で製品化されたローヤルゼリーが良いとされる理由は、多くの効能をもたらす主要成分である『デセン酸』を多く含むからです。
このデセン酸含有量はローヤルゼリーを評価するために大変重要です。
しかし、他の栄養素同様、デセン酸も収穫から時間が経つとどんどん失われていきます。
そのため、ローヤルゼリー製品はデセン酸の含有量が厳しく定められています。
具体的には、生タイプが1.40%以上、乾燥タイプが3.85%以上、調製タイプの場合は0.21%以上と定められていますが、売れ筋商品の上位に位置するものでは5~6%もの含有量を持つものもあります。
ただこうした高いデセン酸含有量を持つ製品の多くは価格も高くなる傾向にあるので、実際のところ私たちは含有量とコストパフォーマンスを秤にかけて総合的な判断を下すことになります。
なぜなら、ローヤルゼリーは継続的に摂取する必要があるからです。

〈一目で判断するなら『公正マーク』をチェックしよう〉
「成分含有量などの細かいデータを比較検討するのは面倒だけど、安全、安心な製品を選びたい」あなたがそう思われるのなら『一般社団法人全国ローヤルゼリー公正取引協議会』の公正マークがついている製品かどうかをチェックしましょう。
このマークは、先にご紹介したデセン酸の含有量を満たす製品にのみ付けられるもので、他にも安心と安全のための評価基準が設けられています。
ローヤルゼリーを利用する際には赤い円の中心に『公正』の文字の入ったこのマークを必ずチェックするようにしましょう。
また合わせて摂取して頂きたいコエンザイムの効能についての記事も参考にご覧ください。